新栄通信 vol.2325 『日本電機工業会、「民生用電気機器国内出荷実績 2016年4月分」を発表』

一般社団法人日本電機工業会は、「民生用電気機器国内出荷実績 20164月分データ」を発表した。
民生用電気機器の 2016 年4月度の国内出荷金額は、1,554 億円、前年同月比110.7%と 12 ヵ月連続のプラスとなった。
製品別の国内出荷金額を見ると、電気冷蔵庫が 288 億円、同 111.7%、電気洗濯機は
257 億円、同 118.6%となり、いずれも4ヵ月連続のプラスとなった。ルームエアコンは 326億円、同 102.9%と3ヵ月連続のプラスとなった。
消費者の省エネ製品・高付付加価値製品への消費マインドの底堅さを背景に、電気冷蔵庫、電気洗濯機等の主要製品を中心に二桁の伸びとなり、民生用電気機器全体では、過去 10 年平均値(1,490 億円)を大幅に上回った。


日本電機工業会 ニュースリリース