新栄通信 vol.2335 『オーナー専用クラブで付加価値、パナソニックが水回りで新戦略』

パナソニックは、水回り製品の高額層向けの施策を強化する。
ハイエンド住宅設備「エルクラス」シリーズを6月1日から発売するのにあわせて、同シリーズのキッチンやバスのオーナー専用の会員制度を構築。付加価値を高める販売戦略を展開していく。


「エルクラス」は、キッチン・バスともにエンドユーザー価格200万円前後の高価格製品。同シリーズの購入者(オーナー)は新築・リフォームともに、オーナー専用の「エルクラスクラブ」に入会することができる。
入会費・年会費は無料。
オーナーには、Long(より長く商品保証期間の延長)、Link(専門相談窓口による対応)、Like(サービスメニューの提供でより快適に)の3つの「L」がサービス提供されるという。オーナーに購入後も継続的に付加価値を提供する。


新建ハウジングニュース