新栄通信 vol.2375 『住宅金融支援機構、長期固定型住宅ローン「フラット35」の7月の適用金利を発表』

住宅金融支援機構は、長期固定型住宅ローン「フラット35」の7月の適用金利を発表した。
【フラット35】では、返済期間が21年以上35年以下の場合で、融資率9割以下の金利幅は0.930%~1.580%(取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは0.930%)と、過去最低を更新した。
返済期間が20年以下の場合の金利幅は0.850%~1.500%(同0.850%)。
【フラット50】では、返済期間が36年以上50年以下の場合の融資率9割以下の金利幅は1.430%~1.930%(同1.680%)となった。

住宅金融支援機構 ニュースリリース