新栄通信 vol.2441 『アルヒ、「フラット35」利用者の”職種”を調査』

アルヒ(東京都港区)はこのほど、ARUHIで「フラット35」を借り入れた4万9775名を対象として、職業別の年収と借入額、準備した頭金の額について調査・分析した。
職業別の「フラット35」利用割合は、会社員が72.1%、自営業が16.9%、公務員が4.9%、派遣社員が2.1%、パート等が2.0%だった。
借入額の平均が最も高額だったのは自営業で2633万円、最も少なかったのは年金受給者で1149万円だった。一方、頭金の平均は年金受給者が突出して多く1247万円。次に多かった農林漁業主の608万円と比較して、2倍以上の頭金を支払っていることが分かった。頭金の平均が最も少なかったのは派遣社員で350万円だった。
利用者全体の借入額の平均は2112万円、頭金の平均は587万円だった。借入額と頭金の合計を物件価格として計算をすると、約2割の頭金を用意していることが分かった。また、各職業に共通して、年収が200万円未満の人は、頭金を多く入れる傾向があった。

新建ハウジングニュース