新栄通信 vol.2493 『9月の建設業倒産件数11.7%増 帝国データバンク調べ』

帝国データバンク(東京都港区)が10月11日発表した9月の全国企業倒産件数は622件で、前年同月比2.1%の増加となった。2カ月連続で前年同月を上回った。業種別に見ると、建設業は前年同月比11.7%増の115件で、2カ月連続で前年同月比増だった。
2016年度上半期の倒産件数は全業種の合計では7年連続減少したが、建設業はわずかながら増加に転じた。住宅投資は好調だったものの、人手不足による人件費の上昇や資材価格の上昇などコスト増が重荷になり、2008年度下期以来15期ぶりの増加となった。