新栄通信 vol.2571 『「ゆとり世代」にも「新築」が人気-イエノミカタ/オールアバウト調べ』

住宅メーカー8社が合同で運営するサイト「イエノミカタ」と総合情報サイト「ALL About」を運営するオールアバウト(東京都渋谷区)はこのほど、将来的に住宅購入を検討している全国の25~29歳の「ゆとり世代」に当てはまる未婚男女309名と、10年以上前に住宅を購入したその「親世代」にあたる55~59歳の男性1000名を対象に、ゆとり世代の住宅観に関する調査を実施した。
 家づくりのきっかけについて両世代に聞いたところ、親世代で「新築一戸建てへの憧れ」が31.1%で最多となる一方、ゆとり世代では「自分好みの空間が欲しい」(38.8%)、「結婚」(38.5%)、「将来的な資産」(36.2%)が「新築一戸建てへの憧れ」(35.9%)を上回った。また、「出産」「老後に向けての準備」「金利動向」などが親世代よりも10ポイント近く高く、親世代と比べて住宅購入に対する様々な外部要因による影響が窺えた。
 ゆとり世代に対して、今後購入を検討する住居形態を尋ねたところ、「新築戸建て」が68%で最も多く、次いで「新築マンション」が約5割となった。「中古戸建て」、「中古マンション」は3割に満たず、「新築」人気が依然として根強いことが明らかになった。
 そのほか、家づくりをする上での重視ポイントを尋ねたところ、ゆとり世代・親世代ともに「価格」と「間取り」を重視する中で、ゆとり世代は「内装・インテリア」「防犯・セキュリティ」「省エネ」について、親世代の倍以上も重視していることが分かった。