新栄通信 vol.2754 『シャープ、「プラズマクラスター」搭載商品の世界累計販売7,000万台を達成』

シャープは、独自の空気浄化技術「プラズマクラスター」を200010月に初めて空気清浄機に搭載して以来、搭載商品の世界累計販売台数が2月末に7,000万台を達成したと発表した。
「プラズマクラスター」は、自然界にあるのと同じ水素のプラスイオンと酸素のマイナスイオンを同時に作り出して放出し、浮遊カビ菌や浮遊菌などの作用を抑える同社独自の空気浄化技術で、空気清浄機やエアコン、冷蔵庫など自社商品15品目に搭載している。