新栄通信 vol.2861 『国交省、「建築着工統計調査報告(平成28年度分)」を発表』

国交省は、「建築着工統計調査報告(平成28年度分)」を発表した。概要は次の通り。
1.総戸数
28年度の新設住宅着工戸数は 974,137戸。
○前年度比では 5.8%増となり,2年連続の増加。
○新設住宅着工床面積は 78,705千㎡,前年度比 4.1%増,2年連続の増加。
2.利用関係別戸数
①持家
28年度の持家は 291,783戸(前年度比 2.6%増,2年連続の増加)
②貸家
28年度の貸家は 427,275戸(前年度比 11.4%増,2年連続の増加)
③分譲住宅
28年度の分譲住宅は 249,286戸(前年度比 1.1%増,2年連続の増加)
・マンションは 112,354戸(同 5.1%減,昨年度の増加から再びの減少)
・一戸建住宅は 134,700戸(同 6.7%増,2年連続の増加)
3.地域別戸数
○近畿圏 総戸数(前年度比 2.7%増)
持家(同 6.1%増),貸家(同 10.5%増),
分譲住宅(同 7.2%減)
うちマンション(同 14.4%減),うち一戸建住宅(同 1.7%増)