新栄通信 vol.40

住宅金融支援機構は、「平成24年度民間住宅ローン利用者の実態調査」を発表した。

変動型の利用割合は、前回調査の53.6%から51.0%へ減少。

今後1年間の住宅ローン金利見通しは、「現状よりも上昇する」が前回調査の20.8%から35.0%へと大幅に上昇している。

住宅金融支援機構 ニュースリリース