新栄通信 vol.39

国交省は、建築基準法施行令の一部を改正する政令を発表した。

東日本大震災において、大規模空間を有する建築物において天井が脱落した事案が多数生じたことや、エスカレーター等の脱落事案が複数確認されたことから、建築物等のさらなる安全性を確保するため、建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)を改正する。

国交省 ニュースリリース