新栄通信 vol.41

一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC、東京都千代田区)は7月8日、2012年度の「環境共生住宅」の建設戸数を発表した。

それによる、前年度(2249戸)とほぼ同数の2235戸で、制度がスタートした1999年度(113戸)と比べると約20倍の数の環境共生住宅が建てられた。

供給会社のトップは、大和ハウス工業の1125戸。

これにミサワホームの449戸、積水ハウスの378戸、パナホームの262戸が続いた。

3位の積水ハウスのみ戸建て住宅と共同住宅が含まれているが、それ以外はすべて戸建てのみという。

新建ハウジングニュース