新栄通信 vol.82

パナソニック エコソリューションズ社は、横浜スマートシティプロジェクトの一環として「家庭用蓄エネ機器によるデマンドサイドマネジメント(DSM)実証」実験を開始した。

実験では、DSMの中核となる太陽光発電システムと蓄電池を48戸全てに装備し、エアコンなどのエネルギー消費機器をHEMSによってモニタリングし、各参加者のライフスタイルの分析をベースに一戸毎のエネルギーの最適制御を行う。同時に、各家庭の省エネだけに留まらず、48戸全戸の電力量を把握し、それら を一つの大きな蓄電池にみたて、一定エリア内でピークシフトするなどエネルギーの地産地消を目指す。


パナソニック ニュースリリース