新栄通信 vol.114

国交省は、「住宅着工統計による再建築状況の概要(平成24年度分)」を発表した。

住宅の再建築とは、既存の住宅の全部又は一部を除却し、引き続き当該敷地内において住宅を着工することをいう。

再建築するために除却された住宅戸数は、全体で72,525戸であり、その跡地に再建築された戸数は94,668戸。平成24年度の再建築率は、10.6%であった(23年度は11.2%)。


国交省 ニュースリリース