新栄通信 vol.141

富士経済は、「需要家別マーケット調査シリーズ2013 住宅エネルギー・関連機器エリア別普及予測調査」を発表した。

「創エネ住宅(太陽光発電もしくは家庭用CHPを設置する住宅)」は、2012年度単年では42.4万戸で、「オール電化住宅(40.0万戸)」上回る勢いとなっている。

とりわけ太陽光発電の導入進んでいる。2025年度の累計は1,176.2万戸となり、日本の住宅4戸に1戸が「創エネ住宅」になると予測。太陽光発電も1,000万戸を突破すると予測している。

→ ニュースリリース