新栄通信 vol.171

パナソニックエコソリューションズ社は、LEDベースライトの新定番の「一体型LEDベースライト iDシリーズ」を拡充する。

業界トップクラスの効率160.4lm/Wを達成した電源内蔵型LEDユニット(ライトバー)の「省エネタイプ」を2014年2月より発売する。

電源効率のアップとLEDパッケージの最適化、高拡散パネルと高反射シートの採用により、高効率化を達成した。「省エネタイプ」40形 5200 lmタイプの場合、同社従来蛍光灯器具(Hf32形定格出力型×2灯)と比較して、明るさは同等以上で約52%の省エネが可能。

同製品は、器具本体とライトバーとの組み合わせによって構成され、ライトバーの取り替えが可能なため、設置後、器具本体はそのままで明るさの変更が可能。

また、直管LEDランプ搭載のベースライトよりも低価格設定のため、新築はもちろん器具をまるごと取り替える照明リニューアルにも適している。

パナソニック ニュースリリース