新栄通信 vol.204

ノーリツは、おふろでのコミュニケーション、今年の入浴スタイルに対する意識調査結果「おふろ白書2013」を発表した。主な調査ポイントを次の通り。

1)乳幼児をおふろに入れるのは、平日は母親が多数であるのに対し、休日は父親が多数に。
2)平日に乳幼児をおふろに入れる担当は、年々母親という回答が減り、父親という回答が増加。
3)おふろで教えられたことでは「生活のマナーやルール」との回答が53.1%とトップ。ただ若い年代では「九九、足し算などの算数」との回答が第1位と、世代間ギャップが明らかに。
4)おふろの温度を調査した結果、夏場は40℃以下の回答が77.1%の一方、冬場は41℃以上と回答の人が73.6%に。

ノーリツ ニュースリリース