小平 一洋

家族と何十年もの歴史をともにする「家」。 自分の家だという気持ちで、取り組んでいます。

職種
工事部 【常務取締役】
資格
一級建築士
一級建築施工管理技士
一言
お客様の「思い」を最優先に。 満足のいく家づくりに全力を注いでいます。
会社から見た“こんな人”
完成すれば、家族と何十年もの歴史をともにする家。「自分の家だという気持ちで、誠心誠意取り組んでいます」と、小平一洋は言葉を選びながら吶々と答える。その技術者らしい語り口に、自らの仕事への誇りと、やがて新居で新生活をスタートするご家族への、こまやかな愛がにじんで見えた。
小平 一洋

インタビュー

小平 一洋
お客様のご要望、設計のアドバイスをとりまとめて現場に伝え、チームワークよく工事を進めていくのが私の仕事です。

着工後にもお客様からさまざまな変更のご要望をいただくことがありますが、企業努力によってできる限りコストを吸収し、その夢をかなえてさしあげられるよう、精一杯心をくだいています。
 
小平 一洋
最近の住宅は、建築デザイナーの設計が入るなどデザインも複雑になり、素材も多種多様で施工の難度も高くなってきています。細部の納まりなど現場の技術者の技能が求められ、腕のふるい甲斐がありますね。

お客様にご満足いただき、「ありがとう」と言っていただいたときの達成感は、またひとしおです。


早め早に充分なご説明をさしあげ、お客様に納得と安心をお届けしています。

小平 一洋
たとえば、「雨が続いているが、工事中の我が家は大丈夫だろうか」など、お客様はちょっとしたことに不安を感じられるものです。

私たちは不安が生じる前に、十分にご説明し、納得と安心をお届けしています。