松浦 克彦

住めば住むほど良い家になる。 そんな家づくりで、100%のご満足を届けたい。

職種
工事部
資格
二級建築士
二級建築施工管理技士
一言
完成後に見ることができない構造部分には一切の妥協を許しません。
会社から見た“こんな人”
建設業界で13年のキャリアを重ねてきた松浦克彦は、お客様とのコミュニケーションを大切にする。その中でこれまでの経験を生かし、「住むほどに良い家になる」ための提案を常に行う。こだわるのは、完成後、表面からは見ることができない構造部。この部分への妥協は、彼には一切ない。
松浦 克彦

インタビュー

松浦 克彦
まず、お客様とのコミュニケーションを大切にする。これが私の一番心がけていることです。

お客様のご要望に耳を傾け、その実現に全力を尽くす。さらにもっと良くなるような提案させていただく。そのためには良好なコミュニケーションは欠かせません。
お客様とともに良い家をつくるための第一歩ですね。
 
松浦 克彦
最近はメディアを通じてお客様がたくさんの情報をお持ちになっています。そのため、住宅の完成が近づくほど、「ここはこうしたい」、「ここをこう変えたい」という、新たなご要望が生まれるケースが増えています。

私は、それに対するリスクを抑え、万全に応えるため最善の提案をいつも心がけています。


100%ご満足いただくこと、さらにそれ以上をめざして夢の実現をお手伝いします。

松浦 克彦
100%お客様にご満足いただくのは本当に難しいことですが、1%でもそれに近づける、さらには100%以上ご満足いただくことが私の目標です。引渡し後に、お客様からお食事に招いていただくことがありますが、それはご満足いただいていた証として、私には何ものにも代えがたいご褒美になっています。