福本 亘

百人百様のライフスタに合わ、将来の人生設計も視野に入れてご提案しています

職種
設計部
一言
お客様のどんなこだわりにもお応えしたい。難しい課題ほどやりがいと達成感がある。
会社から見た“こんな人”
数々の住宅設計を手がけてきた福本亘。お客様のご期待に応えることを最大の目標に、日々努力を重ねている。時には難しい課題に突き当たることもあるが、そういう時こそ建築士として「なんとかしたい」という思いに駆られるという。その彼の優しいまなざしには、お客様への想いと注文建築への情熱が込められている。
山田亘

インタビュー

山田亘
雑誌で見かけたおしゃれなドア。これはどこで買えるのか、いくらぐらいなのか。お客様からいただいたご質問には、たとえ手がかりが乏しくてもあちこち当たって調べ上げ、必ずお答えするようにしています。ご満足頂くための努力はけっして惜しみません。


山田亘
お客様には、胸の中の思いをすべて遠慮なく言って頂きたいのです。それを実現するのが、われわれの腕の見せ所。規格のものしかできないハウスメーカーと違って、新栄建設なら数センチ単位の細かい設計もできます。建築士としては大変ですが、やりがいがあります。


百人のお客様がいれば、百軒の異なる家があります。ご家族にぴったりなプラン作成を一緒に行います。

山田亘
誰にとっても「いい家」という正解はなく、一人ひとり「いい家」の基準は違ってきます。例えば、今の家は使い勝手が悪いからこうしたいとか、目的を持って住まいづくりを考えると上手くいきます。ご家族の将来設計も視野に入れた、ぴったりのプランをお客様と一緒にお作りできれば、これにまさる喜びはありません。