テクノストラクチャ―

地震に強い家をつくる第三の工法 テクノストラクチャー

テクノストラクチャーとは?
ABOUT TECHNOSTRUCTURE


木と鉄の複合梁「テクノビーム」と高強度オリジナル接合金具を使用し、さらに構造計算や耐震実験など、最先端の技術を導入した新工法が「テクノストラクチャー」です。
「木か鉄か」という選択肢では得られない、木造と鉄骨造の両方のメリットを活かした、パナソニック独自の「第三の工法」です。







建築基準法を上回る388項目の強度チェックで高い耐震性を実現


構造計算

地震、台風、豪雪など、いわゆる災害が起こった際、住まいにどのような力が加わるかを計算し、その力に住まいが耐えられるかどうかを、詳細に検証するもので、いわば、「住まいの災害シュミレーション」と呼べるものです。


間取りや建設地域など、住まいがもつ条件は一棟一棟さまざまで、それぞれを考慮した最適な部材、最適なバランスを考えた構造設計が必要です。

この問題点を改善すべく、テクノストラクチャーでは、一棟一棟異なる間取りや地域条件を加味した上で、自動的に構造体を設計でき、さらに設計された構造体が十分に強度確保できているかをチェックできるオリジナルの構造計算システム「自動躯体設計システム」を開発しました。
近年、木造住宅でも構造計算や構造計算の重要性が叫ばれ、構造設計の実施をうたう住宅も増えてきています。
しかし、一口に構造計算といっても、家としての最低限の条件を満たすために、法律で定められている基準のみをクリアする壁量計算と呼ばれるものがほとんどです。
テクノストラクチャーでは、壁量計算だけでは不十分と考え、より高度な「立体的応力解析」で388項目ものチェックを実施しています。細部にわたる緻密な強度チェックがその耐震性を裏付けています。


テクノストラクチャー独自の厳しい構造計算基準
テクノストラクチャー独自の厳しい構造計算基準



木+鉄のオリジナル複合梁「テクノビーム」

住まいの構造のなかでも最も荷重を受ける部分が梁です。梁の強度を高めることは住まい全体の強度を高めることにつながります。
そこで、パナソニックでは、木の梁に堅牢な鉄を組み合わせた強固で安定性の高い「テクノビーム」を開発。
木と鉄の融合が、バランスのとれた強靭な構造体を実現します。


軸組構造の建物の重要な構造材である梁は、荷重により若干のたわみが生じます。
たわみによって引き戸の開閉がしづらくなる等、住宅に様々な不具合が生じます。
しかし、鉄骨を芯材としたテクノビームではたわみによる変形がほとんど進行しません。
木造構造設計基準では木製梁のたわみ量を、柱間の距離の1/300と規定されてますが、テクノストラクチャーではより安全性に配慮。床梁と根太のたわみ量を1/600以下と設定し、構造計算上での梁のたわみの量を半分以下に抑える設計にしています。
長期荷重に耐えられる 高耐久性能 

同じ長さのテクノビーム3.2と木製梁に約2.2トンの荷重を加えたときにそれぞれ下図のようにたわみ量が経年変化します。荷重を加えたとき(新築時)から30年後のテクノビームのたわみ量は、木製梁の1/4以下と高い耐久性を示します。
たわみ量の比較

公式サイトはこちら