新栄建設のZEH普及への取り組み

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとは

昨今の温室効果ガスの増加に伴う地球温暖化や、東日本大震災より国内の電力供給への意識の高まりにより、エネルギーに対する問題が議論されております。

そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(以下ZEH)の暮らしに注目が集まっています。

政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

政府目標として、住宅については2020年までにZEHを 標準的な新築住宅を目指し、 2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す。

またZEHとはNET ZERO ENERGY HOUSEの略で、今までの住宅で培われた断熱性能や省エネルギー機器で省エネルギー化を図る設備及び、太陽光発電等で消費電力以上の発電をする設備の2つを導入することでエネルギー収支を実質ゼロにすることのできる住宅を指します。

また太陽光発電の搭載容量によっては余剰分は売電できるのでエネルギー収支をプラスにすることも可能です。

ZEH9
ZEH2

新栄建設が提案するZEH仕様住宅

ZEHにすることは、難しいことではありません。

創エネルギー(太陽光発電パネル)と高性能断熱材及び樹脂サッシ(窓)・高効率エアコン等を導入していただければ完成です。

ただ私たち新栄建設が考えるZEHは、住宅で消費するエネルギー電力を抑えることから提案し、太陽光発電パネルやZEH認定樹徳に必要な設備機器への投資をできる限り少なくしお客様への負担を減らしより快適で光熱費ゼロ(※1)の住宅を提案してしていくことです。

ZEH3

新栄建設ZEH仕様のメリット

ZEH82

新栄建設のゼロエネルギーハウス(ZEH)2020年までの普及目標

ZEH普及目標

 

2016(H28) 35%   (2016年度実績 3棟)                          

2017(H29) 20%

2018(H30) 25%

2019(H31) 40%

2020(H32) 45%

 

弊社のZEH普及目標を2016年から2020年にかけて上記のように公表します

今後ともZEH普及に向けて取り組んでまいります。

 

ZEHの衆知・普及に向けた具体策】

HPでの告知を行い、営業及び工事部への研修活動及び研修の参加を実施して顧客への啓蒙活動を積極的に行う。

定期的に行っている各種イベントにて、ZEHの必要性を紹介し、お客様の認知の向上を図る。

 

ZEHコストダウンにむけた具体策】

原価の見直しを徹底的に行う。また、創エネシステム導入の大量導入のメリットを効果的に活用して行く。

 

【その他の取り組みについて】

太陽光発電のみに依存するのでは無く、他の再生エネルギー活用についての採用やプラン提案により、

より効率的な省エネ化ができるよう努めていく。


SII 一般社団法人 環境共創イニシアチブ


ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)


ZEHビルダー一覧検索